めっき試作室
めっき職人が熱い思いで挑戦します!

お客様の求めるめっき処理を目指して、めっき職人が熱い思いで「ものづくり」に挑戦します。

秋本研究員の試作狂想曲〜ラボラトリー・イノベーション〜

「ものづくり」の原点は、「狂い」という視点で物事を見れるか?というところにある。
常人の思考で、ものづくりを実施したとしても出来上がってくるものは、ただの「モノ」なのである。狂人が思考することによって「モノ」が「製品」になるのである。
試作狂想曲は、狂人の域に達してしまった秋本研究員(めっき1級技能士)が奏でる試作めっきラプソディーなのである。

試作めっきと一言で表現しても、常人が一般的に処理出来てしまう領域を試作としていることが多い。
その場合の結果は…「やっぱり出来ませんでした」であろう。
もしくは、お客様が求めているニーズには、程遠いめっき処理などを完成品とうたってしまうのであろう。

まだ、上記は、ちょっとは評価をしてもいい「めっき業者」なのかもしれない。
何故ならば「お断り!!」をしないからである。

何もチャレンジしない業者は、試作自体を断ってしまう。
簡単にいうと「思考する」という行為を放棄してしまうのだ。

秋本研究員は、その名のとおり、戦闘の真っ先に立ち、仁王立ちで「試作めっき」を体を張って受け止めている。今まで行った試作めっきの回数は、ゆうに5,000件を超えている。「思考している」のである。

脳みそが常に、試作めっきに戦闘を挑んでいるのである。
まさにその領域は、狂想曲そのものなのである。

そこから生み出されるラプソディーは、お客様のニーズにお答えする以上の結果…
つまり感謝を生み出すのである。

ISO9001

ISO9001取得 Q3991

ISO14001

ISO14001取得 E1814

ISMS情報セキュリティマネジメント

ISO27001取得 J0311

当社はISMSを取得しております。お客様の情報は必ず守ります。形状特許に関する事柄の場合も安心してお問合せ下さい。